スポンサーサイト  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク  
ボインではナインだよ。  
露出の多い季節となりました。

暑さのあまり、もう袖のある服は着れなくなっています。

そんな訳でボインの話。


私は昔から、巨乳だとかボインだとか言われていました。

新宿のコンビニでおにぎりを選んでいたら、おっさんに

『きみ‥‥おっぱい大きいねえ』

と言われた夏。
傘で刺してやろうとしたら、物凄い早さで逃げられました。


また四谷駅構内で

『ねえ、ブラジャーのライン、スケスケだよお。誘っているのお??』

と言われた春。
駅のホームまで追いかけたのですが見失い、断念しました。


確かに昔は胸が大きいが為に衣装が合わないとか
どんな表現をしても「胸に目がいく」と言われたり‥

胸が大きい事に不便を感じていました。
スポブラ選びも苦労してました。


でもね、最近良く仙川のゆけむりの里(銭湯)に行くのだけど。

胸の大きい人ってめっちゃいるんです!!

若くてきれいな華奢ボインから
滲みだす色気のハイパーボインまで。


もしかして世の中の1/2はボインなんじゃねえの??
(っつか仙川に多いのか??)


ボインて、珍しいかと思っていたけど全然珍しくないのではないのね。


しかも私はヨガをするようになって全体的に締まって来て
既にボインではない気がしています。


もしかして日本は今
アフリカ大陸で皮膚の色や髪の毛の質がその地に適応されていくように


ボインが日本人の細胞に組み込まれているのだろうか。


そしたら楽しみだね、男性諸君!!






















 
どうでも良い忠告。 / comments(2) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
Shall we dance?。  
水曜はいつも午前ヨーガストレッチクラスを終えて、池袋の中華料理屋で昼ごはん。

今日のオススメ定食、レバニラ炒め定食を頼んだのだが
この「オススメされたものを食べる」事に大人になった感を得る。

私はなぜか昔から「ランチ」や「日替わり」や「オススメ」と言う食べ物が嫌いだった。

何で店の都合で勧められたものを食べねばならないのか!!

と憤りすら感じていた。

よい素材が入ったから??
だからなんだ!!
私は良い素材が食べたいのではない!!鶏肉が食べたいのだ!!

は?早くできるから?

いやいやランチは時間をかけてゆっくり食べたいのだ。
作るほうだって、ゆっくり作りたまえ。


なんだって
ランチじゃないもん、高いお金だしてるんだから


とすら高校生ながらに思っていた。


だから友達達が
「わー、今日のランチって豚肉のジンジャーソテーだって〜」
と言ってたりすると
「なんだと?先までパスタが食べたいと言っていたではないか??
だからこのイタリアンレストランに入ったのだろう??」と思っていました。



「680円だってやす〜い」

とか

「わー、サラダがついているよ、スープもだ、すご〜い」


しかもびっくりするのが
「あ、プチケーキついてた。かわいい〜」

とケーキの小ささをも褒めてしまう友達たちに


踊らされている、踊らされているよ、厨房のやつ等に!!!


と本気で敵対してました。

だから、高校生の時にもランチではなく
ごるごんぞーらのふぃっとちーね、とかを高い金を出して食べていました。



でも最近になって思うのは

「踊らされているんじゃない。踊ってもいいと、思っているんだ」

と思うようになったのです。


だから、今日のオススメ定食

「まぁ・・・・・・ランチ・・・・・・食べてもいいよ」
「だって・・・・・スープついているし・・・・デザート(杏仁豆腐)もついているし・・・」
「680円だし・・・・」
と、ランチを食べる自分が許せる様になったのです。


大人になったなぁ、と思う。








どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
ラヴィータ!!コンビニ店員さん  
私は日頃お世話になってるコンビニがあります。

一つは会社近くのローソンと、家の近くのローソン。

その店員さん二人(女性)に
底はかとなく愛情を注いでいる。

会社近くのローソンのTさんは

私の妻の様に働く。

レシート要りません。
ポイントカード持っています。
袋も要りません。
Suicaでお願いします。
(コロッケの)ソース要りません。
(コロッケの)温めお願いします。


言わなくてもさっさと動く。


こないだ
『このお菓子を買うと、クリアファイルがついてくる!!』
と言うキャンペーンをローソンはよくやるのですが


クリアファイルマニアの私は、不必要にお菓子を買い
リラックマとかチェブラーシカとかドラえもんとかジョジョキミョのクリアファイルを集めては
ひっそりと楽しんでいたのですが

こないだそのTさんに

『エヴァ‥‥好きなんですか?』


と言われた。


(あ====!!!多分Tさんはエヴァが好きなんだろう!!
でも私はエヴァが好きなのではなくて、クリアファイルが好きなんです!!)

でもそんな気持ちは妻は感づいてくれて、いつもの様に
「コロッケ/袋/ソースなしの客」の私に優しくコロッケを差し出してくれました。





もう一人は家の近くのローソンのSさん


この人が娘のようにかわいい!!!


『いらあしゃ〜いまあせ〜こんばん〜わ』
と言う言葉も本当にかわいらしい。


いつもスッピンで、髪の毛もぼさぼさの23歳くらいなんだけど
絶対磨けば光るんです!!!


びっくりするくらい『ダイアモンドの原石』感300パーセントの子で
素朴感300パーセントのかわいさ。


多分秋元康とかつんくが見たら、絶対面白がってデビューさせる逸材。

でも私にその力がないから、彼女を芸能界へと送り出す事が出来ないのです。



あまちゃん超えも夢じゃないんです!!



ああ、私に力があったら妻も子も幸せに出来るのに‥‥と
つくづく思います。



コンビニって

買う物を出す
お金を払う
買った物を受け取る


なのですが、その中で十分ドラマがある!

むしろ家族すら出来る!!

もしTさんが結婚していたら、何だかちょっっと嫉妬してしまいそう。
もしSさんが自分のかわいさを知っていて素朴だったら、人間が信用出来なくなりそう。


身近なところで、夢を持っています。












どうでも良い忠告。 / comments(2) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
レッサーパンダとハクビシン。  
レッサーパンダ




ハクビシン


どうでも良い忠告。 / comments(4) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
どーでもいいけど。  
どっちが違和感感じる?


どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
NOと言える日本。  
こないだ、友達の家に泊まりに行った時のこと。


前から借りる約束をしていた本があったので

先に出た友達に
『前言ってた○○の本、借りて行って良い?』

とメールすると

『NO!今週末会議で使うから持っていかないで』


とのメールが。


NOって…

多分、焦った(急いで強調したかった)んだろうけど

私しゃ猫か…


つい昨日もある人に
あるお伺いをたてていて、その返答が

『答えはNO』
と…

わしゃ、猫か…




このNOを使うのってのは
否定されつつ、怒られてる気分。


『ほら、たま、ダメだよ、そこ登っちゃ、たま、たま、こら!NO!NO!


………


NOと言える日本人になったのはいいけれど


NOにはその他のニュアンスもあるから
気をつけてください。


どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
世界の車窓から  
こないだ、PASMOを紛失してしまった。

と言うのも、定期入れごとトイレ(和式)に流してしまったのだが


流れていく中で視界に一瞬入った真っ赤な何か。


『け、血尿?』と思ったが


お尻のポケットを確認すると定期入れがない。


やっちまった!


と思いながらも
定期入れは綺麗に流れてしまいました。


そんな訳でパスモの再発行の手続き。


『一日かかりますから』とのことで、今日駅に行くと

駅員さんが
『では切符売り場で出しますね、券売機のところに行っていてください。』

と。




切符売場には券売機とちょうど目線の高さに、正方形の小さい窓がある。

そこで待っていると、車掌さんが小さな窓をパタンと開け、箱乗りの様に顔と手を乗り出してきた。


『では、そこにね、まず1000円入れてください。そしたら、新しいの出てきますから。』


その小さい窓から手と顔を出している何だか駅員さんがおかしい!!

なんであんな微妙なサイズなんだ。

顔が入らなければ、手を出すこともないだろうに


(パスモ出てくるの、見届けなくていいから!!!)


静かに笑いを堪えていると
ピーッピーッとなってようやく新しいパスモが再発行された。


はぁ、ありがとう、駅員さん。






どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
謎の肉屋『橋本屋』  
弟の居酒屋がオープンした。

お店のお勧めは『モツ煮込み』

母がラーメン屋をしていた頃からお世話になっていた肉屋『橋本屋』でモツを買う。


橋本屋のモツは、柔らかくておいしい。


いつも小腸と大腸と直腸を混ぜて切ってくれる。



とってもおいしいお肉屋なんですが





びっくりするくらい店内が汚い。



橋本屋はお肉屋ですが、野菜や卵、コロッケなどの惣菜やお菓子も売っている。


店の見た目など一切気にしない。
商品や段ボールで店内ごった返す。



それに、賞味期限も気にしない。




特にお菓子。それから卵。



賞味期限が1〜2週間くらい過ぎていても



平気で店内に置いてある。





挙げ句の果てには、豚のレバーも、置いてある
衛生管理がどうなっているかは、分からないが、そのレバ刺しが、とっても美味!!




また、橋本屋への道のりもまた謎である。




いつも、私が橋本屋に行く時に道を迷う。



もともと私は、方向音痴ではないのに、迷わず行けた試しがない。

『あれっ、この道曲がるんだっけ???』


と不安になりながら進んだり、行けなかった事もある。

いつも、思う。
これは夢ではないか・・・・・・


橋本屋なんて、肉屋、本当は実在しないのではないか………

それでも何とか橋本屋にたどり着くと
橋本屋の奥さんが、いつも虚ろな目で、迎えてくれる。



その日は、目の焦点のあっていない奥さんが



『すみません、もつ煮のモツは工場に鳥にイッテください、あはha,★■☆〒※・・・・』


・・


恐る恐る

工場に行くと



これまたとてつもなく汚い。



よく分からない生物的なものがいる。


その中で生のレバーがゴロゴロ転がっている。



(だいじょぶなんか!!!!)





そこのパートで働いている主婦(肉を切っている)もまた謎!!


よく分からない、茶色い液体をみんな飲みながら
仕事をしている。




怖々と工場に肉を取りに行った。



『すみません、頼んでいたモツ2キロください・・・』


そこに行くと何故か右目がいつも痙攣し始めるので
さっさと受け取って帰る。


そのモツを使ったもつ煮が、超美味!!



何なんだ、橋本屋。




不思議である・・・・

どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
テルマエロマエ風味  
叔父がこないだまで、腎臓の病気で入院していたのだが

その病院が


『伊勢崎市民病院』

物凄い大きくて、古い建物だ。



その様子も手伝い、市民病院と言う響きが古代ローマ時代の病院の様に聞こえる。



市民病院……

市民病院……

市民病院……



イカロス、大変だ、宮殿の柱が洪水によって、弱っていたみたいだ。


怪我人が出た。



本当か、アウグストゥス、病院に連れていかなければ。


この辺だったら、ポリトゥーシスに病院があったではないか。



いや、このアテネからなら

伊勢崎…

イセサキ市民病院が近いぞ

船で1時間もかからない。

そうか、その手があったか。



急げ、日の落ちぬうちに。




う〜ん、あると思います!(古っ!)

どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
○○な話。  
携帯電話にまつわる
ぞっとした話

長年、所謂『いい人』と思っていた
友人男性と二人で食事に行った時の話。

その人がトイレに行った時

携帯電話に送られてきたメール。

たまたまスクロールされているのを見てしまったら

件名『寂しいよ。』



(え〜!!彼女欲しいって言ってたし、女の影なんか今まで全くなかったじゃないか!まさかひた隠しにして何人もの女とも付き合っているのか!!いい人だと思っていたのにとんでもない人かも知れない!)



携帯電話にまつわるぞっとした話

先日電車に乗っていた時の話


途中駅で、乗り込んできたカップル。

手をつないで仲良さそう。


私の隣に座り、どうやら彼女がウトウトし始めた。


すると私側にいる彼氏が
彼女の視界に入らない膝の裏当たりで


猛ダッシュで携帯電話でメールをしている。


しかも必死の形相で、彼女が起きないかをチラチラチラチラチラチラチラチラ確認している。


(お〜い!!彼氏、彼女にばれてなくても、車内全体にあんたの浮気はばれてる!時期が時期だけに、隠れたメールの早打ちはやめておけ!)




恐ろしい話です。
どうでも良い忠告。 / comments(0) / trackbacks(0) / 根岸 由季  
: 1/2 : >>
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]